貧血で腹痛になることってあるの?下痢なども?原因と対処方法

貧血で腹痛になることってあるの?下痢なども?原因と対処方法

貧血の症状としてよく知られているものとしては、めまいや立ちくらみ、吐き気などがありますが、たまに腹痛を感じる場合もあります。
そんな時、貧血と腹痛に関連性があるのか気になってしまいますよね。
今回は、貧血と腹痛の関連性について調べてみました!
また、貧血の時腹痛になる原因・対処方法も紹介します。

 

貧血と腹痛に関連性はない?

基本的に、貧血と腹痛や下痢との間に関連性はありません。
考えられるものとしては、貧血と胃潰瘍腸炎などを併発している事が考えられます。
鉄が欠乏したりして起こる貧血の症状として、腹痛が起こる事は考えられないんです。

 

ただし、女性の場合、月経が重なると貧血と腹痛に関連性が出てくる場合もあります。
月経によって鉄分が不足すると貧血を起こしやすくなるでしょう。
そこに生理痛が加わると、貧血と腹痛が一つの原因で起こる事になり、関連性があると言えます。
この場合は、鉄欠乏性貧血を治すために鉄分を十分に摂取する事が治療法となります。

 

貧血ではなく脳貧血の可能性も

貧血と似た症状を引き起こすものに、脳貧血というものがあります。
脳貧血でも貧血と同様に、めまいや失神、吐き気が起こりますが、貧血と違って腹痛が起こる事があるんです。

 

脳貧血とは?

脳貧血は、急に立ち上がったり起きたりする事で頭の位置が急激に動いた時に、血液が体の下部に動いてしまい、脳に届かなくなるために起こる症状です。
皆さんも日常生活の中で感じた事があるんではないでしょうか。
脳貧血は、貧血という名前は付いていますが、血液が足りていない訳でも鉄分が不足している訳でもありません。
その原因は、低血圧と自律神経の働きの低下にあるんです。

 

自律神経が正常に働いている時は、急激に立ち上がって血圧が下がっても脳貧血が起こる事はないんですが、自律神経の働きが低下している時には血圧を調節する機能がうまく働かないために脳貧血になってしまうんです。

 

そして、腹痛と脳貧血の間にも関係があります。
排便時に力んでしまったり、下痢になったりした場合に腹痛が起こる事もありますよね。
この時に血圧や自律神経の関係で脳貧血が起こる可能性があるんです。
この場合、腹痛以外に吐き気を感じたり脈拍が乱れたり脂汗が出たりといった症状も起こり、腹痛のあとに失神してしまう事さえあるんです。

 

脳貧血への対処方法は?

急に立ち上がった時に立ちくらみを起こす程度の脳貧血なら、誰もが味わった事があると思いますが、腹痛を伴うものになると症状が重い場合もありますから、何らかの対処がしたいところです。
脳貧血の原因は、低血圧と自律神経の乱れにあります。

下半身に筋力をつける

低血圧を改善するために、下半身に筋力をつけるという方法があります。
下半身に落ちてしまった血液が、心臓にテンポよく戻るためには下半身の筋肉を付ける必要があるんです。
下半身の筋肉をメインに筋肉量を増やすように心がければ、低血圧は改善されます。

血液量を増やす

また、血液の量を増やす事も、低血圧改善には効果的です。
低血圧の人は、塩分を適度に摂る事が大切です。
塩分は体に悪いというイメージがありますが、それは高血圧の人の話で、低血圧の人は塩分を摂取する事で血液中のナトリウム濃度が上がり、それを薄めるために血液中の水分量が増え、結果として血液の量を増やす事につながるんです。
また、水を一日に1〜2?飲む事も血液を増やす事につながります。
血液を増やせば、血圧を上げる事も出来るんです。

ストレス解消

そして、低血圧の原因の一つに、自律神経の乱れがあります。
脳貧血を治すには、どうしても自律神経を整えなくてはいけないんです。
自律神経の乱れは、精神的なストレスからくる場合がとても多いんですよ。
ですから、それを取り除く事が自律神経を整えるのには効果的なんです。
自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。
また、早寝早起きを心がけて規則正しい生活を送りましょう。そうする事で、自律神経も整ってくるんです。
また、食事ではオレンジやグレープフルーツなどの柑橘類やヨーグルト、チーズなどを摂取しましょう。
これらには、チラミンという交感神経を刺激してくれる栄養素が入っているそうです。

 

さいごに

このように、鉄欠乏性貧血と腹痛が直接関係があるわけではなく、生理痛・脳貧血などが関係がある可能性がある事がわかりました!
症状が合致する方は、注意してみて下さいね。