貧血に効果のあるサプリって副作用はあるの?<用法用量に気をつけて>

貧血に効果のあるサプリって副作用はあるの?<用法用量に気をつけて>

貧血に効果のある鉄サプリですが、摂取の仕方によっては副作用が起こることもあります。
以下のことに注意して摂取し、鉄不足を適切に補って健康な体を手に入れましょう。

 

ビタミンEの破壊

ビタミンEには血管の健康を保ったり、肌荒れを予防・改善したり、コレステロール値を下げる、抗酸化作用などの働きがあります。
そのため、ビタミンEのサプリメントを摂取している人もいるでしょう。
しかし、鉄はそのビタミンEを破壊してしまう働きがあるのです。
もしも、ビタミンEのサプリメントを飲んでいるなら鉄のサプリメントとは時間を十分に離して摂取するようにしましょう。
また、食品中のビタミンEの効果を失わないようにするためにも、鉄のサプリメントは食事と1〜2時間程度は開けて飲むようにしましょう。

 

過剰摂取による副作用

鉄の一日の所要量は成人男子で10r、成人女性で12rとされています。
ただ、鉄不足を解消するために短期で集中的に摂る場合は一日18rまでなら問題ないと言われています。

 

しかし、過剰に摂取してしまうと疼痛や嘔吐、下痢や便秘、ショック状態などの急性中毒症状が起こる場合があります。
6か月以上の長期的に摂取する場合は他にも肝機能障害や糖尿病などを起こすこともあるので医師に相談してからにしましょう。

 

また、妊婦の方の場合は短期的に摂取する場合であっても鉄中毒になってしまう危険性があるので、必ず医師に相談してから鉄サプリを摂取するようにしましょう。
さらに、子供は鉄の所要量が少ないので鉄を過剰摂取すると最悪の場合、死に至ることもあります。
子供に飲ませる場合は特に分量に注意して、子供の手の届かないところに保管するようにしましょう。

 

ヘム鉄は過剰摂取の心配がありません

鉄サプリに使用されている鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。
非ヘム鉄は鉄がむき出しのままなので胃を傷める危険性もあります。
ヘム鉄は、鉄ポルフィリン複合体という物質に包まれているため胃を傷めることはありません。
また、ヘム鉄は摂取しても体の中でヘムオキシゲナーゼという酵素が働いて鉄分の吸収量を調節してくれるので、過剰摂取の心配もなく安心して飲むことができます。

 

>貧血症状のあった私が実際に9種類の鉄分サプリを体験したレビューはこちら